眠る時間がないわけではない

毎日のように仕事が残業続き、ロクに眠る時間がない。

あるいは、毎日仕事終わりに飲んだり遊んだりして、その結果睡眠時間が削らされてしまう。

それによって、睡眠不足になってしまう人はたくさんいると思います。
ただ、これはいわゆる不眠症ではありません。

眠ろうと思えば、8時間でも10時間でも眠ることはできるけど、その時間がないから不眠のような状態になってしまうのです。
一方で不眠症の場合は、眠る時間はあるのに眠ることができない症状なのです。

時間的には、夜の11時から朝の7時まで寝ることはできるけど、なかなか眠ることができずそれができないのです。
その結果、眠るのが夜中の2時になってしまい、起きるのも朝の6時に起きてしまい、4時間しか睡眠時間を取ることができず、不眠状態になってしまうのです。
別に、夜中の2時まで起きていたいわけでもないですし、朝の6時に起きたいわけでもないのです。

そのようにも関わらず、このような睡眠になってしまうのは、いろんなストレスや障害であったり、あるいは何らかの病気が影響しているかもしれないのです。

クレジットカード現金化 優良店
睡眠導入剤(睡眠薬、睡眠剤)