生まれつき睡眠が浅い

人によって、適した睡眠時間というのは異なるのです。

6時間も寝れば十分だという人もいれば、8時間寝てもまだ足りないという人もいるのです;

これに関しては、完全に個人差ですからどうすることもできません。

ただし、不眠症などの何かしら原因があって、本来の適した睡眠を取れていないのであれば、それを改善させる必要はあります。
もっとも、先程も言いましたが睡眠時間には個人差があり、生まれつき睡眠が浅い可能性もあるわけです。

ただ、子供の頃はそれなりに睡眠を取っても、大人になると急激に睡眠時間が短くなるケースもあるのです。
それは、元々適した睡眠時間が短いタイプではあったのですが、大人になるまでそれに気がつかなかったわけです。

したがって、睡眠時間が急に短くなっても、一概に不眠症とは限らないのです

とは言っても、睡眠時間が短くなったことで、普段の生活で眠気や不調を感じるのであれば、やはり不眠である可能性が高いので、いずれにしても医師に相談するようにしましょう。